発毛って治療薬で本当にできるの?

発毛は医療機関での治療をしていくことができます。その時に必要に応じて、発毛を促進する治療薬の処方もあります。もっと掘り下げていると、抜け毛や薄毛の進行にストップをかける作用のある治療薬と、発毛を促す作用のある医薬品などがあります。

基本的な薄毛医療になりますが、薄毛の進行に歯止めをかけるのはプロペシアなどの薬です。毛母細胞を活性化させるためにミノキシジルを使い、こうした医薬品を使いながら、医療機関では生活習慣へのアドバイスもくれます。医薬品を服用や塗布するのみではなく、併用してほかの発毛促進環境を整える努力も本人がしていくことになります。

1日に1mgのプロペシアの服用を継続することで、男性の場合は90%もの確率で効果が既に認められています。頭皮の生え際や頭頂部といった薄毛になりやすい部分への効果も期待できますが、特に薄毛進行を食い止める効果が高いのは頭頂部の方でもあります。

発毛に関してはミノキシジルによって、半数以上の人に効果が見られています。頭頂部に関しての発毛は順調であり、生え際はむす香椎と言われるだけあって、手ごわいとも言われます。毛髪を健康的に育てていくためには、その人に合った治療と医薬品を選択していく必要があります。専門のクリニックや大きな病院では、毛髪や頭皮状態をしっかりと調べて判断することができるため、治療も適切な方法を提示してもらうことができます。

男性ホルモンDHTが原因となって薄毛を進行させているのに対しては、頭皮の血行を促進させるための医薬品を使いながら、頭皮毛をしていくことが大事です。治療薬を使いながら、頭皮のマッサージをしたりするのも、より効果的と言えます。